CAD/CAM冠ハイブリッドクラウンとは?

平成26年4月から、第一小臼歯、第二小臼歯(真ん中から数えて4番目、5番目の歯)が、CAD/CAM装置使用に限りハイブリッドレジン冠での治療が保険適応になりました。
当院では平成27年4月より治療を開始できるようになりました。
ハイブリッドレジンとは、セラミック(陶材)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られたクラウン(差し歯)です。
従来の保険適応の素材(レジン)よりも自然で美しい透明感と、優れた衝撃吸収性を持つ素材です。

メリット
・自然な白い色。
・天然の歯とかみ合わせても、天然の歯が削れにくい。
・金属アレルギーを起こさない。
・保険適用なので安価で白い歯にできる。(9,000円程)
(※参考 従来の銀歯のような金属冠 5,000円程)
デメリット
・年数が経つと変色します。
・強度が低く、割れやすいので、力がかかる歯には不適切。

Copyright Gion Dental Clinic. All Rights Reserved.

祇園歯科 -GION DENTAL CLINIC-
〒526-0063 滋賀県長浜市末広町240-6 ワイエフビル17
TEL:0749-63-8148 / Mail:info@giondc.com