審美歯科(しんびしか)とは、歯の美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療です。
歯科技術が進化し、審美歯科の費用も安くなってきたことで、より身近になってきました。
白く綺麗な歯は清潔なイメージを人に与えます。
金属の詰め物が気になる方、黄ばんだ歯が気になる方、当院ではそういった悩みを解決できるような技術・設備を準備させていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

メタルボンドクラウンとは?

メタルボンドクラウンは、中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けることで見た目が良く変色せず、強度も強いので非常によく使用されます。
さらに、中の金属に貴金属を使用することで、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くすることも出来ます。

メリット
・陶材と金属を焼き付けて作るので、強度がある。
・天然歯の色に限りなく近い。
・変色しない。
・表面が滑沢なので汚れが付きにくい。
デメリット
・金属の裏打ちをした冠は経年的に金属が露出して、歯肉との境目が黒く見えてくることもある。
・天然の歯より硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがある。
・中身の金属の種類によっては、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色の可能性。
・金属アレルギーなどを引き起こす可能性。
・保険外の治療なので、値段が高い(70,000円程)

オールセラミッククラウンとは?

オールセラミッククラウンは、冠全体がセラミック(陶器)で出来ているクラウンです。
セラミック(陶器)は汚れが付きにくく、変色もしません。
天然の歯とほとんど見分けがつかないレベルの高い審美性を有しています。

メリット
・透明感がある。
・ほぼ変色しない。
・汚れが付きにくい。
・金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色がない。
・金属アレルギーが起こさない。
デメリット
・割れやすい。
・歯を削る量が比較的多い。
・天然の歯より硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがある。
・基本的に仮止めで様子を見ることができない。
・保険外の治療なので、値段が高い。(60,000円程)

オールジルコニアクラウンとは?

オールジルコニアクラウンは、金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配が無く、強度も強いので、奥歯やブリッジに使用することも可能です。(主に6,7番向け。ブリッジもできます)
また、ジルコニアは土台の金属の色が透けるのを防ぐ「マスキング効果」が優れているため場合によってはオールセラミックよりも審美的に仕上げることができます。

メリット
・透明感がある。
・ほとんど変色しない。
・汚れが付きにくい。
・金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色がない。
・金属アレルギーなどが起こる 可能性が低い。
・ある程度かみ合わせの強い部位にも使用できる。
デメリット
・色調はオールセラミッククラウンに劣る。
・歯を削る量が比較的多い。
・天然の歯より硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがある。
・保険外の治療なので、値段が高い。(40,000円程)

ハイブリッドインレーとは?

ハイブリッドインレーは、セラミック(焼き物)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたもので作られた白色の詰め物です。

メリット
・白色なので見た目が良い。
・硬すぎないので、周囲の歯や噛み合う歯を痛めにくい。
・金属を使用しないので、金属アレルギーの原因とならない。
デメリット
・時間が経つと変色する。
・すり減りやすい (これはメリットでもあり、デメリットでもあります)
・保険外治療のため、値段が高い。(小臼歯:20,000~25,000円程、大臼歯:25,000~35,000円程)

ホワイトニング

加齢、生活習慣などが原因で黄ばんだ歯を、薬の力で白く漂白する方法です。
以前では歯を白くするには歯を削って白い歯をかぶせたり、歯の表面に付け爪のようなものを貼ったりする方法しかありませんでしたが、 現在のホワイトニングは、お手軽にご自分の歯自体を白くすることができます。

ホームホワイトニング

ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングがありますが、 当院では、ホームホワイトニングをお勧めしています。
ホームホワイトニングとは、低濃度の薬剤を使用して自宅で行うホワイトニングです。 患者様1人1人の歯の形に合ったマウスピース(カスタムトレー)を歯科医院で作り、 そのトレーの中に専用の薬剤を入れて毎日1~2時間、歯に装着しそれを2週間程度続けていく方法です。
薄い濃度の薬剤を長期間かけて作用させるため薬剤が歯の内部まで深く浸透し、オフィスホワイトニングの効果持続期間よりも長くなります。

効果

ホワイトニングはほとんどの方が実施でき、その効果は個人差があるものの、2週間程度で体感できます。
効果持続期間ですが、一度ホワイトニングすれば、永久に白さが持続するというものではなく、 こちらも個人差はあるものの、きちんとメンテナンスをしていれば1年から3年はホワイトニングの効果が持続すると言われています。 ホワイトニングの効果を少しでも長く維持させるためには、日々丁寧に歯磨きを行い、ホワイトニングの効果のある歯磨き粉を使用するなどの工夫も必要です。
なお、再度ホワイトニングを行う場合は、最初の時よりも適用期間が少なくて済みます。

ポイント

ホワイトニングで重要なことは、十分なカウンセリングです。
当院では患者様がご自宅で行うホームホワイトニングをお勧めしておりますが、その使用方法や、注意事項等については、 ホワイトニング実施前に十分にカウンセリングさせていただいておりますので安心してお使いいただけます。

白い被せ物(クラウン)・白い詰め物(インレー)

保険適用の関係で、奥歯にはいわゆる「銀歯」と呼ばれる金属素材のもの、また、前歯には「レジン」というプラスチックのような材質のものが一般的によく使用されています。
しかし、銀歯はあきらかに見た目がよくないという大きな欠点があり、また、金属アレルギーの方には不向きです。 レジンは白色なので金属より見た目は優れますが、透明度が低く、時間の経過により黄色く変色し、また強度が弱いため長年の使用で磨り減るという欠点があります。
審美性を求められるならば、以下の方法で治療後も美しい口元を維持できます。

 
セラミッククラウン・セラミックインレー

最も見た目の良い材質で、透明度は天然歯と変わらないくらい美しいです。
ご自身の歯の色調に合わせることができます。 非常に硬い材質で、耐磨耗性に優れ、色調の再現性が最も高く、変色しません。 金属を使用しないオールセラミックであれば、生体に対するに為害作用がなく、金属アレルギーも起こりません。

ハイブリッドセラミッククラウン・ハイブリッドセラミックインレー

レジン(プラスチック)とセラミック(陶器)を混ぜ合わせて作られます。
レジンに比べて強度が強く、耐磨耗性もよく、色調の再現性に優れ、変色も少ないのが特徴です。 硬度は天然歯に近いため、噛み合った歯にやさしいです。

Copyright Gion Dental Clinic. All Rights Reserved.

祇園歯科 -GION DENTAL CLINIC-
〒526-0063 滋賀県長浜市末広町240-6 ワイエフビル17
TEL:0749-63-8148 / Mail:info@giondc.com