日本では、予防歯科に対する意識や取り組みが欧米諸国に比べ遅れています。
虫歯治療のために歯科医院へ通う日本の一般的考えに対して、歯科先進国であるアメリカなどは、虫歯予防のために歯科医院へ通うという考え方が一般的です。 虫歯は大きくなれば、痛みも大きく、治療期間は長く、治療費は高くなります。 また、同じ歯の治療を三度繰り返すとその歯は失われるとまでいわれています。
予防歯科の観点では、虫歯の有無にかかわらず、定期的に歯科医院を受診することになりますが、虫歯の発生そのものをなくすことを目的としております。 また仮に定期検診で虫歯を発見しても患者様の自覚症状がない段階である、早期治療となるため、 治療期間は短く、治療費は安く抑えられるとともに、自分の歯を失う確率が格段に減ります。
虫歯は治すものではなく防ぐものと意識を変えることが必要です。

虫歯のメカニズム

虫歯の原因はプラーク(歯垢)です。
このプラークに虫歯をつくるミュータンス菌が棲みつき、糖分を栄養にして酸を出します。 この酸が歯の表面の硬いエナメル質を溶かし、その部分に穴をあけていくことで虫歯となります。
ただし、初期段階では痛みがないため虫歯の発生に気づきにくいです。
虫歯は風邪と同じく誰でもかかる病気です。 病気である以上、風邪と同じく予防できるのですが、残念なことに毎食後の歯磨きだけでは不十分です。

歯科医院での予防処置
ブラッシング指導

いわゆる歯磨きです。
歯磨きを毎食後に欠かさずしているからといって虫歯にならないというものではありませんが、すべての予防の要となるものであることには間違いありません。
人それぞれ歯並び、歯の大きさ、形が違いますので、正しい磨き方を歯科医師、歯科衛生士に指導してもらう必要があります。 歯ブラシだけでなく、歯間ブラシ・デンタルフロスといった道具の使い方も指導します。

フッ素塗布

フッ素には歯を溶かす酸への抵抗力を強める働きがあり、歯の表面に塗ることにより虫歯を予防する効果があります。 市販の歯磨き粉でフッ素入りをよく目にしますが、歯科医院ではこのフッ素を直接歯に塗ることで、より効率的に取り込むことができ歯質を強化します。
フッ素塗布の頻度は、年に3~4回が望ましいです。
また、小児歯科の観点からは、乳幼児期から定期的に実施していくことで歯質をより強化できます。

シートラント

奥歯の溝は汚れが残りやすく、虫歯ができやすいところです。その部分をシールする(ふさぐ)ことにより、予防します。歯を削らないので痛みはありません。 ただし、はがれることもありますので、定期検診の必要があります。
また、小児歯科の観点からは歯の生え変わりに伴って実施していくことが重要です。

スケーリング

歯周病を予防するのにとても大切です。
ブラッシングでは取りきれない歯の生え際等についた汚れや歯石を超音波スケーラーという特殊な器械を使い除去します。 器械での清掃は痛みもなく、驚くほどきれいになります。 3ヶ月~6ヶ月くらいの周期での清掃が望ましいです。

定期検診

治療が完了された患者様には、3ヶ月~6ヶ月ごとに、定期検診の予約をお取りいただいております。 一生快適に過ごしていただくためには、定期的な検診およびメンテナンスが重要となります。 患者様の歯周病や虫歯のなり易さを考慮してメンテナンスの期間を定めております。

Copyright Gion Dental Clinic. All Rights Reserved.

祇園歯科 -GION DENTAL CLINIC-
〒526-0063 滋賀県長浜市末広町240-6 ワイエフビル17
TEL:0749-63-8148 / Mail:info@giondc.com